スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by ☆☆yumi☆☆  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

東京マラソン☆ドタバタの一日

東京マラソンの当日、朝。
出かける準備でバタバタし、家を出るのが7時半を過ぎてました

急遽タクシーで
交通規制がもう始まっていて都庁付近は混んでいましたが、8時前には無事着きました。
マラソン

既に都庁前には大勢のランナーがウォーミングアップしながら待っています。

私も応援する場所を確保する為に都庁北へ。
何とか最前列に立てたものの、ギュウギュウの混雑ぶり。

応援用のボードをもらって来てあったので、目立つように作って行きました。
マラソン

白いボードに直接書けるようになっていたのですが、蛍光オレンジの紙を貼ったりキラキラのシールを貼ったりしてみました
写真ではあまりきれいに見えませんが、スタートを待っている時、お隣の応援の方から「きれいに作ってますね!」とほめて頂きましたjumee☆peace2
前に写っている鈴は気づいてもらえるようにシャンシャン鳴らす事にしていたんです笑い。
でも、スタートの時は人が多くてボードは迷惑になるので下の方で持って、鈴は荷物もいっぱいあったので手を動かせずに鳴らせませんでした泣く

さぁいよいよスタート!
まずは車いすの部です。
マラソン

すごい!!早ーい
興奮しますうぁー!
そして、マラソンの部。
マラソン

すごい迫力です。
市民ランナーの方たちはみんなすごく楽しそう!
そういう姿を見てじーんとしている内に我が家の選手を見つける事ができず、お互い気づく事ができませんでした泣く
この時は足の底から冷えていてトイレに走りました汗とか
大江戸線が遠かった上にトイレが混んでいて気づいたら次の地点にギリギリ間に合うか?!という時間。
携帯で選手の通過タイムの速報が見られたので確認すると既に我が家の選手は5キロを通過えぇ
私はまだ都庁前なのに汗とか

次は10キロ過ぎで見るつもりだったので内幸町へ向かいました。
もう間に合わないから御成門まで行こうかとか電車の中で悩みながら気持ちばかり焦って電車の中を走りたい気分うわぁん
結局、内幸町で降りて沿道に行ってみたもののここもすごい人。
諦めて次の20キロ地点を確保する事に。
向かい側に渡ればいいんだけど、一度地下に戻って向こう側の出口に上がらないといけないと言われ、階段をかけ降りて、またかけ上がって汗とか
人の少ない所を確保。

ここは応援がすごくあたたかくて盛り上がっていました。
私もダンナサンが来るまで、ずっとシャンシャン鳴らしながら「ガンバレガンバレ!」と繰り返し声援を送っていました。
そして、やっと我が家の選手がやって来ました!
私は無意識でやっていましたが、ボードと鈴を持ってぴょんぴょん跳び上がっていたので「まさかあれじゃないだろうな・・・」と思ったら私だったそうですえへへ・・・

この時はすごく元気で、いっぱい話しながら私が持ってきてたバナナを食べました。
マラソン

隣でずっとランナーをあたたかく応援していたご婦人に「ダメよ早く行かなきゃ」と心配されていましたが、また走り出そうとしたら「お兄さんがんばって!」と応援してくれてすごく嬉しかったですBrilliant
しかもお兄さんだって笑い。
隣の方にお礼を言って、今度は25キロの東日本橋へ移動!
ここでは立ち止まらず手だけ振って通過。
そして、向かい側の30キロの辺りへ移動。

この頃から自分の声が聞こえにくくなるくらい私も疲れていましたorz
考えてみたら、応援してからずっと一滴の水も飲んでいなかったんですナ、ヌ

でもここではランナーの方たちに食べ物を差し出しながら待ちました。
マラソン

このお菓子の上にバナナを入れて出しました。
今年はバナナの数を増やして配るという事だったので、私は一房分だけ皮つきのままカットして入れたのですが、やっぱりバナナはすぐになくなりました。
やっぱりバナナがいいのか・・・

私もダンナサンもホノルルで走った時はやたらとチョコとお肉が食べたかったので、チョコがいいのかなとも思いましたが、チョコレートは血糖値が上がって一時的に元気が出るけどまた低血糖になってバテるんじゃないかと思い、黒糖のお菓子や梅ゼリーなどにしました。
包装してあると食べるのが面倒だとダンナサンは言ってましたが、みんなが掴んだ後にぐちゃぐちゃになった食べ物は食べる気がしないと私は思ったので袋に入ったものにしました。
「ありがとう!」と言って食べ物を持って行ってくれて嬉しかったです幸せの四葉
私も「がんばってください!」と送り出しました。

そして、今度は我が家の選手。
足がつると言ってストレッチを少ししてからまた走って行きましたが、元気に話してたからまだ大丈夫そうと安心。

また向かい側の25キロの辺りに渡って後ろの方を走る方たちに食べ物を差し出して、またすぐ築地へ。
佃大橋の手前で応援するつもりだったけど、また間に合わなかったみたい汗とか
すぐに今度は有明へ。

応援ももう最後。
さっき水を飲んだので元気もまた出て来て、ずっと「ガンバレガンバレ!もうちょっともうちょっと!」と叫び続けました。
そして、ダンナサンが見えたのでまたぴょんぴょん跳び上がってシャンシャン鈴を鳴らしながら叫んでいましたが、ダンナサンも必死。
まったく気づかない様子で行ってしまいました

ゴールは、観覧席に行かないと見れなくて、もう満席だったので残念ながら見られませんでした。

私は有明の駅からゴールまで歩いたのですが、歩いてもかなりの距離なんです。
この道の先がゴールかなと思ったら曲がった先がまた果てしなく遠くて。
佃大橋からかなりアップダウンが激しかったらしくて最後の最後に本当に辛かったと思います。
我が家の選手はあと2キロのところでやめようかと思ったらしいです驚く

でも、よくがんばりました
マラソン


ゴール後に再会したら20歳くらい老けた感じのダンナサンになってましたびっくり
血色が悪くシワがかなり増えていたのですが、着替えてゆりかもめに乗ると段々シワも減り徐々に回復。

翌日は休暇を取っていたのですが、三軒茶屋に用事があって一緒に出かけたあと歩いて家まで帰り、また車で出かけたりして、結構元気だなと感心しました。
ホノルルでは歩いた所もあったけど、今回は一度も歩かずに走れたので、いつでもフルマラソンが走れるという自信になったみたいです。

応援も夢中で一日やったけど、やっぱり走った人にしかわからない感動や達成感を味わえなくて、ちょっと寂しい気もしました。
でも、がんばる人たちから感動をもらった一日でした


長々と中身のないレポートを最後まで読んでいただいてありがとうございましたBrilliant

★★★ブログランキングへ★★★いつもご覧頂いてありがとうございますBrilliantこちらを一日1クリックして頂けるととっても励みになりますHeart
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

世田谷区池尻・ココロのサロンecru

プロフィール

☆☆yumi☆☆

Author:☆☆yumi☆☆
Photo by BAB JAPAN
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ココロのヒーリングサロンecru-エクリュ-
レイキ・クリスタルヒーリング・アロマトリートメント・アロマヒーリングフェイシャル
ココロコーディネーターyumiがあなたのココロに愛を届けます♪
 
お問合せ・ご予約はHP予約フォームまたはinfo★salon-ecru.comまで(★を@に変えてメールして下さい)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
しあわせはココロのままに
愛はココロを満たし、喜びや感動を生む

愛を分かち合い循環させHappyの輪を広げたい♪

Love&Happyが私のテーマアップロードファイル

ゆみのココロのルール
ハートどんな時も愛をもって行動します
ハートしあわせはココロが創り出すものと考え活動します
ハート愛やしあわせを感じられるココロを育てるお手伝いをします


心(愛)をベースに自分自身がしあわせな生き方を実践し、しあわせの輪を広げるMB(マインドビューティー)をめざし、ただ今MBワークに参加しています
MBとは・・・マインドビューティー(MBワーク)HPハート

MBファシリテーターブログ
「アリエッタのうるおいエッセンス」

MBメンバーブログ

「crystalmoonのうるおいのたね」

「Atelier Lotus Bright∞蓮曦∞天然石印職人&癒し人」

「オンクラウドセブンで心も体もリラックス」

「シフォンYumikoのHappyLife」

「しあわせのかおり」

「しなやかにすこやかに」

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。